結果、落選だとしても。

2012.02.25 Saturday 17:35
0

    昨年、さまざまなコンテストやコンペティションに出展しました。 

    そんな中、
    第38回日新工業建築設計競技にも出展しました。
    毎年開催されているメジャーなコンペティションです。

    2011年のテーマは、
    『ふたりのアーティストの家』
    ふたりのアーティストの想定は自由です。 

    最初、まったくやる気はなかったのですが、
    mixiにて知り合い、いろいろと情報交換させていただいているkenさんから、
    「かけだしの建築家さんも出展してみては!?」との誘惑に負け、出してみました。

    結果、残念ながら落選でしたが、悔いのないモノができたと自負しております。 



    どのようなモノができたのかというと・・・




    こんなカンジです。 


    『里海と里山の間の家』と題して、
    コンペ出展を勧めて下さったkenさん家族と、私の家族の家をプランニングしました。
    かけだしの建築家同士が、場を共有しあう暮らしのあり方をデザインしてみました。 



    kenさんは、釣りが趣味です。 海が好きです。
    私は、植物を育てる事が趣味です。 森が好きです。
    そんな訳で、里海と里山の間に、それぞれに開いたプランニングをして見ました。 



    森は森の生態系を持ち、循環し、
    さまざまな生命の営みの中で、豊に成り立っています。

    森の恵みは、河川を下り、海へとたどり着きます。

    海の恵みは、海洋を巡り、
    さまざまな生命の営みにより、再び、森へ還って来ます。

    地球は、大きな循環です。

    そんな地球の営みを、建築空間として具現化してみました。 



    私の家族の「森の家」は、森に開いています。
    そして、中庭を介し、導線が循環しています。
    住空間は、森と一体となります。

    ここを訪れる人は、土間に立ち、森との一体感を体感します。 

    共有の仕事場は、ふたり共同で仕事をする時もあれば、
    それぞれ別々に仕事をする時もあります。
    海にも、山にも開いている仕事場です。

    仕事場は、断面的に循環し、ふたつの家族の家を緩やかにつなぎます。 




    それぞれ個別の仕事場は、中庭を介し、分かれています。
    一方は、森へ開き、もう一方は、海へ開いています。
    そして、時々、中庭で語り合います。

    共同で仕事をする時でも、それぞれで仕事をする時でも、
    ふたりの建築は、地球の循環がそうであるように、
    お互いに高めあう事ができる。 そんな空間を求めました。 




    kenさん家族の「海を望む家」は、パブリック空間に海の眺望を取り込んでいます。
    そして、中庭を介し、導線が循環しています。
    仕事場には、時々近所の住人が遊びにやってきます。

    「森の家」「海を望む家」それらを結ぶ仕事場空間。
    これらの空間体験を通して、人の営みは、地球の場のほんの一部を間借りしている事を知り、
    自然界の循環の中に納まるべきであることを知ることでしょう。 



    また、森を手入れして発生した間伐材を、住宅のエネルギー源したり、
    漁礁を造る材料にすることも視野に入れ考えています。

    森では、
    外国産木材の輸入などにより、放棄された人工針葉樹林が、生態系を乱しています。
    すると、海の生態系にも影響を及ぼす事になります。

    海では、
    直立護岸が増加し、海の浄化作用が減少し、生態系を乱しています。
    すると、森の生態系にも影響を及ぼす事になります。



    ここに住むものは、空間体験を通じ、里山と里海について、五感で感じる事ができます。
    ここを訪れる人にも、そんな気持ちが伝われば良いと思います。
    人間の営みは、自然に包まれ、守られています。 




    森〜中庭〜海・・・通り抜け。
    森〜屋上庭〜海・・・吹きさらし。
    里山の生物の連鎖を遮らぬよう考えてみました。 





    基礎部分は、石積みとして、
    経年とともに、コケやシダ類に覆われることにより、
    大地と一体となるよう考えてみました。

    また、デッキ柱やルーバーとして、間伐材の丸太を用い、
    経年とともに、ツタ等のつる性植物に覆われ、
    海から見上げた時、森と一体になるよう考えてみました。

    それらが微気候を作り出し、住環境を守る働きを担ってくれるでしょう。 



    そんな暮らしの中、
    私は、仕事の合間に森の手入れをし、
    kenさんは、海で釣りをし、漁礁の効果を実感します。

    kenさんの両親が、学校帰りのうちの娘達におやつを作ってくれたり、
    うちの妻や娘達が、昼食を用意してくれたり、
    近所の住人と酒を酌み交わしたりします。
    そんな情景を想像し、ほくそ笑みながら、この作品を仕上げました。 



    誘ってくれたkenさんとは、実際には1度も会った事がありません。
    mixiだけのお付き合いです。それでも、こんな楽しい事ができちゃうんです。
    ネット社会ってスゴイ!!

    いろいろ問題もあるようですが、便利な楽しい世の中になってきています。 


    この後は、地球規模で生命みんな、心地よい世の中になって欲しいと思います。
    今の科学技術があれば、できるんじゃないかなと勝手に思っています。
    たぶん、あとは、目の向け方の問題なのだと思います。


    さてさて、
    結果、落選案でしたが、実にいろいろと考えさせられるものです。
    それだけでも、莫大な糧になっていると思います。 


    そんな訳で、次も楽しんでがんばります!!

    次は、今風のプレゼンテーションにチャレンジしてみようかな〜!?



    北海道札幌市の建築設計事務所
    一級建築士事務所
    遠藤設計工房 のホームページはこちらまで



    Comment
    今風とというとBIMかな?
    • hasey
    • 2012/02/25 8:16 PM
    今のダーが大学生のときにイノベーションをテーマにいろいろやってたのを思い出したわw
    建築やってる人には発想を掻き立ててワクワクするんだろうねー^^
    • *midori*
    • 2012/02/26 9:31 AM
    haseyさん

    BIMのような、システム的なことではありません。
    図と文字だけで建築空間を表現するのではなく、
    そこでおこり得るであろう空間体験を可視化した、
    パースまでもいかない、エスキース・スケッチのような
    やわらかい立体表現を多用してみようと思っています。

    ちなみに、入選案はこちらで見れます。
    http://www.nisshinkogyo.co.jp/compe/38/past38.html


    midoriちゃん

    イノベーションをテーマにしたんだぁ!!
    それまた壮大なテーマだねぇ〜♪
    ドラッガーなんて、読みまくってたのかな!?

    発想するのは、大好きです。
    それこそ、毎日、頭の中、廻っています。
    ウォーキングの時とか、もしかしたら、ブツブツつぶやいているかも^^;

    • えんどう
    • 2012/02/26 11:49 AM








       
    Trackback
    ストーカーや嫌がらせ行為のお悩みは一人では解決できません。豊富な経験とノウハウを持った 第一信用総合調査にご相談ください。示談の交渉や裁判のための証拠収集、弁護士のご紹介までトータルでサポートいたします。
    • ストーカー 被害 相談
    • 2012/06/02 7:01 PM
    少年らは「ハーブを買う金が欲しかった」などと供述していて、警視庁は、これまでに約8000万円を引き出していたとみて調べている。
    • 振り込め詐欺!未成年グループ逮捕
    • 2012/06/07 5:15 PM
    トラックバック失礼いたします!千葉でクラブを運営しております!不要であれば削除お願いします!
    • 千葉クラブゴールド-CLUB-GOLD
    • 2012/11/29 3:26 AM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2015/02/06 8:32 PM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2015/02/21 12:11 AM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2015/04/28 3:00 AM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2015/04/28 10:59 PM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2015/04/29 2:21 AM
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    うちのカメレオンに使っているケージです。
    懸賞・ポイント Warau.JP
    建築士のお仕事
    建築士の試験とお仕事♪
    FC2 ブログ★ランキング
    にほんブログ村ランキング参加用リンク
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Recommend
    魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
    魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉 (JUGEMレビュー »)
    ダイアナ・ウィン ジョーンズ
    アニメよりも原作の方が・・・
    Recommend
    サジュエと魔法の本 上巻 赤の章
    サジュエと魔法の本 上巻 赤の章 (JUGEMレビュー »)
    伊藤 英彦
    『ハリーポッター』と同じくらいハマリました。
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM