骨折り損か!?

2012.04.20 Friday 16:30
0

    春らしくなってきました。
    まだ少し肌寒い気もしますが、
    道路の雪は消え、 陽射しもあたたかく、気持ちのいい日が続いています。  


    今日は、
    昨年いただいた多肉植物の一枝が、こんなに増えたので、
    切り戻して、仕立て直ししました。


    こんな感じです。 

    葉っぱ一枚からも根を出し、芽吹くので、
    切り戻した芽のほかに
    鉢一面に、葉っぱを敷き詰めました。


    思惑通り、
    これらから芽吹いてくれたなら、
    こんもりした多肉植物の小山になってくれるのではないかと期待しております。 


    さてさて、
    私、3月の終わり頃、とんでもない事になってしまいました。

    一体、何がどうしたのかというと・・・




    3月21日 18:00 辺りが薄暗くなってきた頃。
    いつものように自宅駐車場に車を留め、施錠し、何気なく路面に足を下ろした瞬間、 
    ものすごい勢いで左足が滑り、まるでスライディングの失敗の様に転んでしまいました。 

    右足が尻の下になり、全体重が右足にかかった状態です。
    路面が凍っているとは、まったく気が付きませんでした。
    それは見事なブラックアイスバーンでした。

    まるで、巧妙な落とし穴にはまった気分。 

    しかも、激痛に声も出せない状態でした。 

    じん帯が切れたかなと思い、
    右足を両手でゆっくりと延ばしてみました。
    その時、ゴリゴリという感触がありました。

    こりゃ骨折だ。 

    幸いにも手元に携帯電話があったので、
    迷わず119にTELしました。
    程なくして、救急車のサイレンが聞こえてきました。



    しかし、なんということでしょう。
    救急車は、私の目の前を通り過ぎ、建物の反対側を捜索し始めたではありませんか。 

    私は、出せる限りの大声で「ここでーす!! 建物の裏にいまーす!!」と叫んだが届かず。
    寒空の下、十数分叫び続けたのですが、届かず。
    結局、通りすがりの人が見つけてくれてやっと救助されました。

    右下腿脛骨骨折及び、同ひ骨骨折。
    要は、右のスネを複雑骨折したのでした。
    しかも、骨折した骨の一部が外に飛び出しているという凄惨な状況でした。

    複雑骨折、
    しかも、骨の一部が外に出ている開放骨折というものでした。
    そんな訳もあり、受け入れ先の病院がなかなか決まらない状況でした。 

    救急車の中で寒さに耐えながら、
    さらに1時間が経過して、やっと受け入れ先の病院が決まった始末。
    これは一体何の罰でしょうか!? 


    各種検査や応急処置を終えて、
    ちゃんとしたベッドの上で、感染症防止の点滴を打たれながら、
    コンビニのおにぎりをほおばり、一息つけたのは、深夜をまわった頃でした。 







    そして数日後、
    脛骨を金属のプレートで固定する手術を受けました。
    入院も手術も初めての体験で緊張しましたが、全てが眠っている内に終わっていました。 

    手術の前日、TELがありました。
    電話の主は、骨を折る前日まで、一緒に建築プロポーザルに取り組んでいた仲間です。
    まさかまさかの落選の知らせでした。

    相当な自信を持って取り組んでいただけにショック大でした。 

    骨折。
    落選。
    まさにダブルパンチです。 


    手術後の経過は良好だったのですが、
    足首からつま先にかけて、麻痺が残ってしまい、
    だらんとしてしまうので、つまずき防止のため、このような装具をつけさせられました。

    これ、後で値段を聞いてビックリ!!
    定価26.000円也。
    3割負担で7,800円・・・それでも高くないですか!? 

    特注品ならいざしらず、
    靴のサイズ聞かれただけの、ただの既製品ですから〜!! 

    驚きです!!

    そして、手術費と入院費の高い事高い事。トリプルパンチです!! 





    そんな中、いろいろな人が見舞いに来てくれました。
    皆様、本当にありがとうございました。
    大変励みになりました。 

    写真は、友人が作成してくれた「遠藤崇能 再起動」ポスターです。
    入院中、ベッドヘッドに貼らせてもらいました。
    後ろは振り返らず、前を向こう。勇気付けられました。 







    入院中、娘2号の入学式があり、外出許可を取って出席してきました。
    約10日間監禁されての外の空気は新鮮で、
    お祝いで訪れたファミリーレストランの食事も、普段の倍旨く感じました。

    病院食もおいしく、特に不満があったわけではないのですが、まったく違いました。 



    これは、妻からの写メより、
    娘2号の初登校のもようです。
    近所の3年生の保育園時代からの先輩と元気に登校したそうです。



    そんなこんなで、
    4月16日、3週間の入院を経て、無事退院してきました。
    通院のリハビリは、まだまだ続きそうです。 



     教訓 

    我が家のご飯が一番おいしい!!
    我が家は、一番落ち着く!!
    いざという時、頼りになるのは、家族と仲間だ!!

    いつも当たり前すぎて忘れかけていましたが、
    それに気が付いただけでも儲けものでしょうか!?  


    しかし、とんだヘマをやらかしました。


    反省。。。。。





    北海道札幌市の建築設計事務所
    一級建築士事務所 遠藤設計工房 のホームページはこちらまで




    Comment
    何はともあれ、良い経験になったのではないでしょうか。
    後になれば思い出話、笑い話になることでしょう^^
    とにかく早く通常の生活に戻れることをお祈りしてます♥

    娘2号ちゃん、入学ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪
    • *midori*
    • 2012/04/20 5:41 PM
    何はともあれ、ありがとう。
    何かと考えさせられる事故&入院生活でした。
    とっととまともに歩けるようになりたいものです。
    • えんどう
    • 2012/04/27 10:58 AM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    うちのカメレオンに使っているケージです。
    懸賞・ポイント Warau.JP
    建築士のお仕事
    建築士の試験とお仕事♪
    FC2 ブログ★ランキング
    にほんブログ村ランキング参加用リンク
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Recommend
    魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
    魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉 (JUGEMレビュー »)
    ダイアナ・ウィン ジョーンズ
    アニメよりも原作の方が・・・
    Recommend
    サジュエと魔法の本 上巻 赤の章
    サジュエと魔法の本 上巻 赤の章 (JUGEMレビュー »)
    伊藤 英彦
    『ハリーポッター』と同じくらいハマリました。
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM