フグ・ふぐ・河豚

2006.04.03 Monday 23:14
0
    昨日、我が家に フグ がやってきました ラブ

    今日から、このブログのサブタイトルを
    『建築と植木ときんぎょと河豚との日々』と改めます。

    水槽の様子はというと・・・


    こんなカンジになりました。


    キッチンワゴンのキャスターを取りはずしたものの上に、
    発泡スチロール製のブロックを並べ、
    その上に、
    お世話になっている先輩建築家からいただいた天板を載せ
    水槽を設置。

    まだ整理が行き届いておらず、
    配線などがゴチャゴチャしている ノーノー



     立ち上げ後、しばらく経っても、
     水の白にごりがぬけなかったので、
     麦飯石液を使ってみました。
     
     だいぶん、透明になってきました ラッキー

     水草は、ハイグロフィラとミクロソリウム。



    そして、
    これが我が家の新メンバーの3匹。

    インドの淡水ふぐ・・・
    アベニーパファーです。 ラブ

    名前を付けたいのですが、
    まだ、ほとんど見分けがつきません。



    今は小指のつめ程の大きさです。
    大きくなっても3cm程度の超小型フグです。

    新しい環境にも慣れたであろう今日の午後、初めてエサをやりました。
    かわいらしい見かけによらず、猛スピ−ドでエサに突進して、喰らいついてました。 モグモグ

    間近で見てみて気がついたことが、
    普通の魚は、尾ヒレを推進力に使うものがほとんどですが、
    このフグの場合、尾ヒレを船の舵のように方向転換に使って、
    推進力は、胸ヒレをはじめ、尾ヒレ以外のすべてを使っているみたいなのです。


    だから、
    前進だけでなく、ヘリコプターのように垂直に上下したり、
    クルリとその場でUターンしたりすることがあります。

    すごい! 拍手



    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    うちのカメレオンに使っているケージです。
    懸賞・ポイント Warau.JP
    建築士のお仕事
    建築士の試験とお仕事♪
    FC2 ブログ★ランキング
    にほんブログ村ランキング参加用リンク
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Recommend
    魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
    魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉 (JUGEMレビュー »)
    ダイアナ・ウィン ジョーンズ
    アニメよりも原作の方が・・・
    Recommend
    サジュエと魔法の本 上巻 赤の章
    サジュエと魔法の本 上巻 赤の章 (JUGEMレビュー »)
    伊藤 英彦
    『ハリーポッター』と同じくらいハマリました。
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM